医師はどのようにポイントオブケアでのオンライン臨床意思決定支援システムを利用しているのか:UpToDateのケーススタディ

Addison J, Whitcombe J, Glover SW. How doctors make use of online, point-of-care clinical decision support systems: a case study of UpToDate. Health Information & Libraries Journal, 2012 30, pp. 13–22.

UpToDateを購読している北西イングランドの医療機関に勤務する医師に対し、オンライン質問票を使用して調査を実施した。回答者は、UpToDateを使用した状況、およびどのような利点があったかを詳述するように求められた。

UpToDateを使用した239名の90%が、以下のようなメリットを少なくとも1つ挙げた。

  • UpToDateが治療の遅延減少につながったと57%が回答
  • UpToDateが不必要な診断検査の回避につながったと52%が回答
  • UpToDateが診断の遅延減少につながったと48%が回答
  • UpToDateが治療に関する意思決定の変更に結びついたと39%が回答
  • UpToDateが入院期間の短縮につながったと28%が回答

ニュース&イベント